Trainpochi

鉄道記録集

カテゴリ:海外鉄 > フィリピン

さらに続きます。 2019年の訪問時は、前年末に一部再開された北方本線に注目しました。 1991年のピナツボ(Pinatubo)火山噴火に伴い、北方本線は営業休止となりました。2018年12月にトゥトゥバン(Tutuban)~ガバナー・パスカル(Governor Pascual)のおよそ6kmの区間が、営 ...

続きです。 長期軌道修繕期間に続く再訪は、翌2016年でした。 トゥトゥバン(Tutuban)駅北の踏切から構内を一望。庫内に入ってみたいけれど、そんなコネはどこにもありません。考察する知識も無いので、まあいいです。 トゥトゥバン駅構内に、12系客車を使った ...

先日、フィリピン向け車両の陸送に行きました。そもそも現地に行ったことがなければ、わざわざ寒い思いをして見に行くこともなかったわけで。マニラ(Manila)近郊の鉄道について。詳しいサイトが売るほどあるので、細かい説明はそちらに譲ります。 初めてフィリピン国鉄( ...

続きます。 振替乗車を乗り越えて、J-TREC近くの金沢八景駅には相当早く着きました。小雨の中を延々と待って、日付が変わった0時30分に開門です。ギャラリーは私を含めても5名ほど。 まず台車。更に先導及び関係者の乗る車両に続いて、電動車のEM10013M、付随車のEM1001 ...

フィリピンのマニラ(Manila)首都圏を縦断する南北通勤鉄道(NSCR)。車両は総合車両製作所(J-TREC)横浜事業所から輸出されることが決まっていました。そろそろ港への陸送が始まるのではないかと思っていたその夜に最初の車両が送られたと知って、大いにガッカリしました。 ...

↑このページのトップヘ